このサイトは、相続の基本や疑問を解消するためのサイトです。
相続のキホン
MENU
相続の基本・必要な手続き
法定相続人の範囲
不動産相続の名義変更
相続の税金
誰に相談すればいいの?
相続争いトラブル例と回避ポイント
貴重品の相続と価値判定
お墓の相続はどうなるの?
相続放棄は可能?



〜 相続についての相談は誰にしたらいいの? 〜
専門家について

相続についての相談をしたいというケースは少なくありません。
専門的な知識も求められる相続では、いったい誰に相談したらいいのか、その専門家について紹介します。

・司法書士

たとえば不動産の相続をした場合、不動産の名義変更が必要になります。
この名義変更を相続登記とも呼ぶのですが、手続きを済ませるためには色々な書類が必要で、自分だけでは手続きが難しい場合があります。
もちろん自分だけで名義変更をすることもできますし、費用を節約するために司法書士には相談しないという選択肢もあります。
ただ、司法書士や専門家ですから相談に乗ってくれますし、書類の作成も代わりにやってくれます。
自分だけでは難しいと感じた場合は司法書士を頼るのもいいでしょう。
不動産を相続するケースは多いですから、相続においては司法書士に依頼することも増えてきます。

・弁護士

弁護士もやはり司法書士と同じく法律の専門家で、相続時にお世話になることがあります。
特に、相続でトラブルが発生し、裁判をしなければいけないような場合、弁護士が非常に頼りになります。
というのも弁護士は依頼人の代理人として、裁判などで活動できるからです。
司法書士の場合、書類の作成はできますが代理人として活動することはできないので、裁判や調停など、法的に争うようなケースでは弁護士に相談するべきです。
逆に裁判をする必要がなく、書類の手続きさえ済ませれば問題なく相続を終えられる場合、弁護士に相談する必要性もなくなります。
状況に合わせて弁護士に相談するかどうかを決めましょう。

・税理士

相続では相続税が発生することがあります。
この場合、税理士に相談することで相続税の申告をしてもらうことが可能です。
ただ、相続税が発生するかどうかは遺産の総額が基礎控除額を超えるかどうかで決まり、多くのケースでは相続税は発生しません。
相続税が発生しなければ税理士さんの出番もないので、相談する機会は少ないかもしれません。
いずれにしても相続時に何か税金の手続きで困っている、こんな状況になったらまずは税理士に相談してみましょう。
税理士は税金の専門家ですから頼りになります。
弁護士などでも相談には乗ってくれるはずですが、やはり税理士の方が便利です。

このように、相続時の状況によって相談すべき相手も変わってきます。
相続においてどんな問題があるのか、どんなことで専門家に相談したいのか、これらの点を整理してから最適な専門家に相談するようにしましょう。

このページの一番上へ戻る▲


Copyright (c) 2017 相続のキホン All Rights Reseved.

since 2017.9