このサイトは、相続の基本や疑問を解消するためのサイトです。
相続のキホン
MENU
相続の基本・必要な手続き
法定相続人の範囲
不動産相続の名義変更
相続の税金
誰に相談すればいいの?
相続争いトラブル例と回避ポイント
貴重品の相続と価値判定
お墓の相続はどうなるの?
相続放棄は可能?



〜 お墓の相続どうなるの?発生する税金や継承について 〜

相続の時に多くの人が疑問に感じるのはお墓の相続です。
税金は発生するのか、継承とはなんなのか、あまり知られていないお墓の相続について紹介します。

・お墓を相続する場合の税金について

遺産を相続する際には、相続税が発生することがあります。
必ず発生するわけではなく、基礎控除額よりも遺産の総額を多くなった場合のみ発生する形です。
そのため基礎控除額よりも遺産の総額が少ない場合、そもそも相続税は発生しません。
ただ、お墓に関してはこうした基礎控除額うんぬんはまったく関係なく、そもそも税金がかからないと覚えておきましょう。
お墓は財産の中でも特殊で、相続人のうち誰か1人が相続します。
相続人の間で分割するといったこともなく、税金もかかりません。
また、誰が相続してもかまわないので相続人のうち誰が相続するかは自由に決めていいのです。
一般的には長男、長女が相続することが多いので長子が相続するものだと勘違いされているケースが多いのですが、相続人であれば誰でもかまいません。
税金もかかりませんから、お墓の管理をしやすい人が相続するのがベストな判断になるでしょうか。

・継承とは?

よくお墓を継承するという言い方をするのですが、これはお墓を相続することです。
注意したいのはお墓を継承しても名義変更はされないという点です。
土地などの不動産もそうですが、継承したからといって自動的に名義が相続人のものになるわけではないので気を付けましょう。
お墓の名義を故人から相続人に変更する場合、お寺や霊園に連絡をして必要な手続きを行います。
具体的な手続きについては各お寺や霊園で違いますので、まずはどんな手続をすればいいかを問い合わせましょう。
継承する際、名義変更のための費用がかかりますが、この費用もそれぞれ違います。
数千円ほどのことがほとんどですが、やはり事前にチェックしておくのがいいでしょう。
自分が継承したからと安心しているとお墓の名義はそのままずっと故人のものになってしまいます。
お墓を継承した時はなるべく早く名義変更を済ませましょう。
特に期限は決められていないので焦る必要はありません。
名義変更には書類が必要になりますが、一般的には墓地使用権承継承認申請書や永代使用許可書、継承した人の戸籍謄本などが必要です。

お墓の相続では税金はかかりませんので、税金のことを心配せずに安心して継承できます。
名義変更さえ済ませれば正式に継承した人が使用権を持ったお墓となりますので、名義変更の手続きだけしっかり済ませましょう。

このページの一番上へ戻る▲


Copyright (c) 2017 相続のキホン All Rights Reseved.

since 2017.9