このサイトは、相続の基本や疑問を解消するためのサイトです。
相続のキホン
MENU
相続の基本・必要な手続き
法定相続人の範囲
不動産相続の名義変更
相続の税金
誰に相談すればいいの?
相続争いトラブル例と回避ポイント
貴重品の相続と価値判定
お墓の相続はどうなるの?
相続放棄は可能?



〜 相続放棄も可能なの? 〜
行うべきタイミングや活用の方法について

遺産は相続放棄することも可能です。
では相続放棄するとしたらどのタイミングでするのか、相続放棄を活用する方法とはなんなのかを紹介します。

・相続放棄の手続きについて

相続放棄は相続が発生してから3ヶ月以内に行う必要があります。
期限がしっかり設けられていますので、相続放棄をすると決めたら迅速に必要な手続きを済ませましょう。
相続放棄の手続きは被相続人、つまり亡くなった故人の住民票の管轄内の家庭裁判所に申請をします。
申請に必要な書類として、相続放棄申述書、故人の戸籍謄本、故人の住民票の除票、申請する人の戸籍謄本、800円分の収入印紙などが挙げられます。
相続放棄申述書は家庭裁判所で入手でき、その他の書類については市役所などで入手できます。
これらの書類がないと手続きを済ませられないので、事前に家庭裁判所に問い合わせるなどして必要な書類を確認、準備しておきましょう。
必要書類を揃えて相続放棄の申請をすると、後日家庭裁判所から照会書という書類が届きます。
自分の意思で相続放棄するのか、相続放棄する理由はなにか、などが書かれていますので質問に回答して家庭裁判所に送ります。
その後、家庭裁判所で相続放棄が認められると相続放棄の手続きは完了で、法定相続人であっても遺産を相続することはなくなります。

・相続放棄を活用するには?

一般的に遺産は相続するのが普通で、わざわざ相続放棄をすることは多くありません。
ではなぜ相続放棄をするのか、その活用方法はなんなのでしょう。
実は相続する遺産には負債も含まれます。
つまり被相続人に借金があった場合、その借金も相続することになるのです。
借金の額が相続する財産よりも少ないなら、財産を利用して借金を返済できるのでまだいいのですが、借金の額の方が多い場合は問題です。
残った借金を自分で返済しなければならず、相続することでかえって経済的に苦しくなるかもしれません。
こうした場合、相続放棄を活用することで借金を相続することもなくなります。
たとえば財産が500万円で借金が700万円の場合、相続するとトータルで200万円の借金が残る計算になります。
これなら相続放棄してしまった方が良いと考えられるわけです。
借金がいくらあるのか、これをチェックすることも大切なのです。

多額の借金があるなど、場合によっては相続放棄をした方が良いこともあります。
相続放棄するとしたらどんな手続きが必要で、どのような流れで手続きを完了させるのか、このあたりもしっかり抑えておきたい部分です。

このページの一番上へ戻る▲


Copyright (c) 2017 相続のキホン All Rights Reseved.

since 2017.9