このサイトは、相続の基本や疑問を解消するためのサイトです。
相続のキホン
MENU
相続の基本・必要な手続き
法定相続人の範囲
不動産相続の名義変更
相続の税金
誰に相談すればいいの?
相続争いトラブル例と回避ポイント
貴重品の相続と価値判定
お墓の相続はどうなるの?
相続放棄は可能?



〜 相続の基本・必要な手続きの内容や方法と期限について 〜

相続をするためにはいくつかの必要な手続きがあります。
それぞれの手続きには期限が設けられており、スムーズに相続を済ませるためにも相続の基本についてしっかり理解しておくことが大切です。

・相続の手続きの流れについて

相続するということは、基本的に被相続人は死亡していることになります。
そのため、最初の手続きとして死亡届の提出、火葬するための手続きをし、お通夜と葬式をしていきます。
これらの手続きは被相続人が死亡してから7日以内に済ませることと決まっているため、あまり時間がありません。
相続するしないに関わらず必要な手続きになりますし、まずはこれらの手続きを迅速に済ませましょう。
その後、3ヶ月以内に遺言書の確認や法定相続人の決定、相続できる財産のチェック、遺産分割協議、相続放棄の手続きなどを行います。
相続放棄の手続きに関しては相続をしない場合のみ必要な手続きです。
さらにその後は4ヶ月以内に所得税の準確定申告をはじめ、10ヶ月以内に遺産分割協議書を作り、名義変更手続きをし、相続税の申告と納付を行います。
遺留分減殺請求をするなら1年以内、配偶者相続税軽減の手続きは3年以内と、それぞれ期限が決められています。
この期限内に手続きをしなければいけないので注意しましょう。
遺産の名義変更に限り期限が決められていないのでいつでも行なえます。

・スムーズに手続きを済ませるには?

上記で紹介したように、相続をするためには非常に多くの手続きをしなければなりません。
死亡届や火葬の手続きのように、所定の書類を市役所に提出するものもあれば、自分たちで調査をして書類を作る必要があるなど、方法は手続きによってさまざまです。
慣れない作業なこともあって、実際に相続しようとすると難しいこともあるかもしれません。
それぞれの手続きには期限がありますから、その期限内にと考えると時間的な余裕もそれほどなく、意外と大変なのが相続です。
スムーズに手続きを済ませていくためにも、事前にどのような遺産が相続できるのか、相続できる人間は何人くらいいるのか、などをしっかり把握しておくことが大切です。
また、場合によっては弁護士や司法書士など、法律の専門家を頼ることも検討すべきでしょう。
プロに手伝ってもらえれば手続きもスムーズに進められます。

相続は非常に大事な手続きで、個人の遺産を引き継ぐためにもしっかり手続きしなければなりません。
どんな手続きが必要でそれらの手続きはいつまでに終わらせる必要があるのか、このあたりは事前に知っておくようにしましょう。

このページの一番上へ戻る▲


Copyright (c) 2017 相続のキホン All Rights Reseved.

since 2017.9