このサイトは、相続の基本や疑問を解消するためのサイトです。
相続のキホン
MENU
相続の基本・必要な手続き
法定相続人の範囲
不動産相続の名義変更
相続の税金
誰に相談すればいいの?
相続争いトラブル例と回避ポイント
貴重品の相続と価値判定
お墓の相続はどうなるの?
相続放棄は可能?



〜 相続するのは家族だけとは限らない?法定相続人の範囲 〜

相続できるのは家族だけ、そう考えている方も多いと思うのですが、実際はそうではありません。
では誰が相続の権利を持つのか、法定相続人の範囲について紹介していきます。

・最優先で相続できる配偶者

被相続人の配偶者にあたる人は必ず法定相続人となります。
他に何人法定相続人がいようが影響はなく、配偶者であれば自動的に法定相続人になると考えてかまいません。
注意点としては内縁関係や事実婚といった、法的に婚姻関係にない配偶者はその限りではないという点です。
つまり、配偶者として法定相続人になるためには婚姻届を提出していて、法的に夫婦として認められていないといけないのです。
また、被相続人が死亡した時点での配偶者が対象になりますので、その以前に婚姻関係にあったものの離婚している前の夫や妻に関しては法定相続人になれません。
死亡時に法的な婚姻関係にある人のみが配偶者として法定相続人になれる形です。

・配偶者以外の家族について

配偶者以外の家族については配偶者との関係によって相続の優先順位が決められています。
被相続人の子供、孫などが該当し、法定相続人の第一位として扱われます。
子供がすでに死亡している場合は孫に権利があり、たとえ婚姻関係がない配偶者との子供や孫であっても認知をしていれば法定相続人として認められます。
養子についても実の子供ではありませんが同じ扱いです。
法定相続人の第二位は父母や祖父母で、配偶者や子供、孫などがいない場合は父母や祖父母が法定相続人となります。
さらに父母や祖父母もいない場合、第三位として兄弟や姉妹が法定相続人となり、被相続人よりも先に兄弟や父母が亡くなっている場合、その子供、つまり甥や姪が法定相続人です。

・家族以外が法定相続人になる可能性も

ここまで紹介したように、基本的に法定相続人になれるのは養子を除けば被相続人の家族ということになります。
ですが、家族以外の人が法定相続人になれる可能性もあることを知っておきましょう。
被相続人が生前に遺言書を書いており、家族ではないものの世話になったなどの理由でその人に遺産を相続するよう望むことがあります。
正式な遺言書がある場合、たとえその人が家族関係になくても法定相続人となれます。
被相続人の死後、思わぬ人が法定相続人になる可能性もあるわけです。

法定相続人の範囲は普段あまり気にすることもなく、意外とわかりにくいものです。
これが原因で揉めるケースもありますので、法定相続人の範囲はどこまでなのか、実際に誰が法定相続人になるのかを確認しておきましょう。

このページの一番上へ戻る▲


Copyright (c) 2017 相続のキホン All Rights Reseved.

since 2017.9