このサイトは、相続の基本や疑問を解消するためのサイトです。
相続のキホン
MENU
相続の基本・必要な手続き
法定相続人の範囲
不動産相続の名義変更
相続の税金
誰に相談すればいいの?
相続争いトラブル例と回避ポイント
貴重品の相続と価値判定
お墓の相続はどうなるの?
相続放棄は可能?



〜 不動産相続する場合の名義変更はやった方が良いの? 〜

相続できる不動産がある場合、名義変更はしておいた方がいいのでしょうか?
遺産相続として不動産を受け取るケースは多くなりますので、名義変更の必要性について考えておきましょう。

・名義変更しないとどうなるのか?

たとえば、今住んでいる家が被相続人の名義になっていて、死亡後相続したとします。
相続していますからその時点で家の所有者は相続人となるのですが、だからといって名義が自動的に変更されるわけではありません。
実質的には自分の家になっているのですが、名義的には被相続人のままの状態です。
名義変更しないでいても家を出て行くようなことにはなりませんし、普段の生活を送る分にはほとんど影響はないでしょう。
ですが、名義が自分になっていないわけですから、何かあった時にその家が自分のものだと証明することができない形です。
なんらかの手続きで家が自分のものだと証明しなければならなくなった時に困りますし、トラブルが起きた時も所有者の名義がすでに亡くなっている人のままでは面倒です。
名義変更しないでいると不動産を失うというわけではありませんが、やはり名義変更はしておくのがよいでしょう。
書類の上でも自分のものにしておくことが大切です。

・名義変更をするには?

以上のようなことを踏まえると、やはり名義変更をしておくことが大切なわけですが、どうやってすればいいのでしょうか。
名義変更をするためには、被相続人と相続人の戸籍謄本や住民票の除票、住民票などが必要になります。
必要な書類は状況によって異なってきますので、事前に法務局に確認しておくのが確実です。
必要な書類を用意したら管轄の法務局に提出し、名義変更の申請を行います。
申請が認められれば不動産の名義も自分に変更され、正式に自分の所有物となります。
手続きが難しい、忙しくて自分で手続きの準備ができない、こういう場合は弁護士などの専門家に代行いてもらうのも方法です。
その分だけ費用がかかってしまいますが、スムーズに名義変更の手続きを済ませられます。
また、名義変更の手続きに関して期限はないので、好きなタイミングで行えます。
急ぐ必要はないのでじっくり準備を進めていきましょう。
とはいえ、やはり早いほうが良いのは間違いないので、不動産を相続した場合はすぐに名義変更について検討するべきでしょう。

・不動産を売却して遺産を分割する場合は?

不動産を売却する場合も名義変更は必要になります。
相続人が複数いる場合は、全員の名義にして売却することも可能ですが、特定の相続人を選び、後で遺産分割協議をすることもできます。
不動産を売却して遺産を分割する場合は、少しでも高く売れるように一括査定サイトを利用するようにしましょう。
おすすめのサイトはこちらです。⇒「地価公示価格を無料で調べる方法と相場より高く売る秘訣!

不動産は相続をしても名義は被相続人のままになってしまいます。
自分で名義変更しなければ名義が変わることはありませんので、今現在は手続きが不要だと感じても、将来的なことも考えて名義変更をしておきましょう。

このページの一番上へ戻る▲


Copyright (c) 2017 相続のキホン All Rights Reseved.

since 2017.9