このサイトは、相続の基本や疑問を解消するためのサイトです。
相続のキホン
MENU
相続の基本・必要な手続き
法定相続人の範囲
不動産相続の名義変更
相続の税金
誰に相談すればいいの?
相続争いトラブル例と回避ポイント
貴重品の相続と価値判定
お墓の相続はどうなるの?
相続放棄は可能?



〜 相続する時の税金は発生するの? 〜
基礎控除額を計算してみよう

遺産を相続する際に、税金は発生するのか気になる方も多いのではないでしょうか。
相続に関する税金について知るためには、基礎控除額というものが大きなポイントになってきます。

・相続する際の税金について

遺産を相続する時に、ある条件を満たしていると税金が発生します。
これを相続税と呼ぶわけですが、よく聞く言葉なので知っているという方も多いかもしれません。
文字通り相続にかかる税金ですので、遺産を相続するために絶対支払う税金と考えている方もたくさんいますが、そうではありません。
相続税は必ず発生するとは限らず、遺産の総額や法定相続人の数によって計算をし、場合によっては相続税が不要なこともあれば必要なこともあるのです。
非常にややこしくて面倒ですが、自分が相続する立場になったら相続税についてもしっかり考えないといけません。
相続税が発生するのかしないのか、これを大きく左右するのが基礎控除額というもので、相続する財産が基礎控除額よりも少ないなら非課税、つまり税金も発生しません。
逆に相続する財産が基礎控除額よりも多い場合は相続税が発生します。
相続税を支払うかどうかは基礎控除額次第と言えるのですが、相続税の有無をチェックするためにも基礎控除額の計算方法を把握しておくようにしましょう。

・基礎控除額の計算方法

基礎控除額の計算方法を式で簡単に表すと、3,000万円プラス600万円に法定相続人の数を掛けます。
たとえば法定相続人が配偶者と2人の子供、計3人いたとしましょう。
この場合、3,000万円に法定相続人1人につき600万円なので合わせて1,800万円、3,000万円プラス1,800万円ですから合計は4,800万円です。
遺産の総額が4,800万円を超えなければ相続税はなし、遺産の総額が4,800万円を超えるなら相続税が発生する、という仕組みになります。
計算自体はとても単純なものなので、計算方法さえ把握しておけば簡単に相続税の有無を確かめることが可能です。
法定相続人の数が確定しており、遺産の総額もわかっているなら事前に相続税について調べられますので覚えておきましょう。
相続税が発生する場合は、相続した時点から10ヶ月位内に申告しないといけないので注意しましょう。

遺産相続で重要な要素になるのが相続税の存在です。
必要であれば期限までに申告をして支払う必要がありますので、遺産相続が発生した時はすぐに相続税についてチェックしなければなりません。

このページの一番上へ戻る▲


Copyright (c) 2017 相続のキホン All Rights Reseved.

since 2017.9