このサイトは、相続の基本や疑問を解消するためのサイトです。
相続のキホン
MENU
相続の基本・必要な手続き
法定相続人の範囲
不動産相続の名義変更
相続の税金
誰に相談すればいいの?
相続争いトラブル例と回避ポイント
貴重品の相続と価値判定
お墓の相続はどうなるの?
相続放棄は可能?



〜 相続で発生しがちな相続争いトラブル例と回避のポイント 〜

相続ではトラブルが起きることも珍しくありません。
いわゆる相続争いというやつですが、具体的にどんなトラブルが考えられるのか、トラブルを回避するポイントはなんなのかを見てみましょう。

・法定相続人について

法定相続人とは遺産を受け取れる人のことを指します。
基本的には家族が法定相続人になるのですが、例外もありそれが原因でトラブルになることも考えられます。
たとえば、養子であっても法定相続人になれますから、被相続人の死後に思わぬ人が養子になっていて遺産相続で揉める、なんてケースもあるのです。
また、隠し子と呼ばれる配偶者以外の人との間に生まれた子供でも認知されていれば法定相続人になれます。
こうした場合、誰が遺産相続するかで揉めることがあるのですが、そもそも法定相続人であれば遺産を分割して分けることになっています。
法定相続人でさえあれば誰でも遺産を相続する権利を持っていますので、まずは誰が法定相続人になるのかを把握しておくことが大切です。

・不動産に関するトラブル

不動産はお金のように分割するのが難しく、それが原因でトラブルが増えます。
誰がその不動産を相続するのかという点もそうですし、そもそもその不動産にどのくらいの価値があるのかも見えにくいのも問題です。
名義変更する場合も法定相続人全員の賛成が必要で、意見がまとまらないこともあります。
不動産に関するトラブルを避けるには、事前に法定相続人で話し合い、どんな相続の仕方をするかを決めておきましょう。
全員の共有財産にするのか、誰か1人が相続して管理するのかなど、しっかり相続後のことを決めておかないとどうしてもトラブルになりがちです。

・遺言書でトラブルに

遺言書の内容に多くの法定相続人が納得できないような場合、やはりトラブルになります。
たとえば家族以外の人間に全ての遺産を相続すると書かれていたら、家族はどうしても納得できないものでしょう。
被相続人の財産ですから誰に相続するかも自由に決められるとは言え、心情的に受け入れられないのは当然です。
遺言書でのトラブルを未然に防ぐためには遺言書とはどんなものなのかを知り、遺言書の効力を把握しておくことが必要です。
弁護士に相談するなどして、遺言書どおりに相続しなければならないのかを確認するのもいいでしょう。

相続ではトラブルが起きてしまうことがあります。
全員が納得して相続を済ませられるように、必要な知識を身に付け準備もしっかり済ませておくようにしましょう。

このページの一番上へ戻る▲


Copyright (c) 2017 相続のキホン All Rights Reseved.

since 2017.9